紫陽花

紫陽花

作詞:マオ
作曲:しんぢ

残り香だけたよりに 過ぎし日想えば
僕は弱く 枯れるまで只泣きました

帰る場所は違うけど 傘は一つしかなくて
僕は濡れたくないから さよならしました

紫陽花の花が咲くこの道の 角を曲がったら 君の部屋まで
僅かな距離 距離が今は遠く

少し伸びた 睫毛にかかる前髪も かきあげる手 爪を彩る紫も

僕の知らない君を 一つ見つける度に
一年という月日を 只、悔やみました

再会の朝に見たそれぞれの 暮らし 背負うもの 上手く笑えない
僕は僕と 後悔の渦へ

「またね。」と手を振って振り返る 薬指には 日焼けの痕
優しい嘘は 最初で 最後の

紫陽花の花が咲くこの道の 角を曲がったら 君の部屋まで
僅かな距離 距離が今は遠く

只依靠著殘香 想念著逝去的日子

我很軟弱 只能在枯萎的時候哭泣

回去的地點不同 但傘只有一把

我不想被淋濕 於是說了再見



從盛放著紫陽花的道路拐角

到你的房間那僅有的距離 現在那距離已很遙遠了

睫毛前的劉海稍微變長了 書寫完的手,裝點指甲的紫色也是



一直在探尋我不知道的你

只是後悔著一年的時光



再會的早晨目睹了彼此的生活、背負的東西 差勁得可笑

我處在後悔的漩渦中



[再見了。]揮著手說 回頭看見無名指上被曬黑的痕跡

溫柔的謊言 一開始已到了最後

從盛放著紫陽花的道路拐角

到你的房間那僅有的距離 現在 那距離已很遙遠了

0 Comments

Leave a comment