太陽と向日葵

作詞:Masato Odake

作曲:Hiroki Sagawa from Asiatic Orchestra(Vanir)

唄:Flower

暮れていく オレンジに空は燃えるから
せつなさが 私の胸に 広がった
夏が終わる… どうかお願い…
抱きしめて 体温(ねつ)が 上がるくらいに

夕陽落下的輝餘將空中沾染成橘紅色
這份心意 於我的心中 更加寬廣
消逝的夏季... 這一份願望...
緊抱著 體溫(情感) 逐漸上升了

眩しく笑う太陽 それがあなたなんです
夕焼け滲んでる 坂道に
ユラリユラユラと 揺れる陽炎(かげろう)
あなただけが映るきらりきらり夏模様 「好きよ」

有著閃爍燦爛笑容的太陽 那就如同你一樣
模糊不清的夕陽照射的坡道上
飄揚搖擺不定及 晃動的夕陽輝餘
唯獨照映你的那閃爍閃亮的夏之模樣 「非常喜歡」

夏が来るたびそっと 人に言えない秘密増える
もう子供のままじゃいられないような 夢よりも暑いこの想い
日に焼けた素肌に触れた瞬間(とき)
悲しくもないのにただナミダ 零れ落ちそうになるのが不思議
これが愛なら他に何(なん)にも 要らないの
あなた以外 欲しくなんてない

每當夏季來到時 忽然間 不能對人說的秘密增多了
已經別在像孩子般 比起夢更加情熱的思念
觸碰於你那夕光照射下的肌膚的瞬間(時候)
已不再感到悲傷 但淚水卻 不斷地流下般 不敢置信著
若這是愛的話 不論是什麼(任何)都 不需要
僅有你 變得更想得到

今年咲いた向日葵(ひまわり) それが私なんです
黄昏(たそがれ)の夏空(なつぞら) 風が吹く
ユラリユラユラと 淡い陽炎(かげろう)
あなただけを見上げきらりきらり恋模様 「好きよ」

今年才綻放的向日葵 那就像是我一樣
黃昏下的夏空 一陣微風吹起
飄揚搖擺不定及 淡然的夕陽輝餘
僅抬頭仰望你的那閃爍閃亮的戀之模樣 「非常喜歡」

夏の終わりはいつも 何か失くした気持ちになる
少しずつ長くなる影が不安で どうしてもあなたに逢いたい
離れていてもねえ平気なんて
そんなこと思えない私を あなた 優しく叱ってください
そして私はもっともっと 好きになる
あなただけを 好きになってしまう

夏之終結 一直 都有著失去何物的心情
稍微地伸長的影子於不安之中 不論如何想遇見你
不論多麼分離 吶 如何安穩下去著
請你溫柔地斥責 無法思考這種事的我
之後我會更加 更加地 變得喜歡
僅只是變得喜歡你一個人

眩しく笑う太陽 それがあなたなんです
夕焼け滲んでる 坂道に
ユラリユラユラと 揺れる陽炎(かげろう)
あなただけが映るきらりきらり夏模様 「好きよ」

有著閃爍燦爛笑容的太陽 那就如同你一樣
模糊不清的夕陽照射的坡道上
飄揚搖擺不定及 晃動的夕陽輝餘
唯獨照映你的那閃爍閃亮的夏之模樣 「非常喜歡」

暮れていく オレンジに空は燃えるから
せつなさが 私の胸に 広がった
夏が終わる… どうかお願い…
抱きしめて 体温(ねつ)が 上がるくらいに

夕陽落下的輝餘將空中沾染成橘紅色
這份心意 於我的心中 更加寬廣
消逝的夏季... 這一份願望...
緊抱著 體溫(情感) 逐漸上升了

今年咲いた向日葵(ひまわり) それが私なんです
黄昏(たそがれ)の夏空(なつぞら) 風が吹く
ユラリユラユラと 淡い陽炎(かげろう)
あなただけを見上げきらりきらり恋模様 「好きよ」

今年所綻放的向日葵 那就像是我一樣
黃昏下的夏空 一陣微風吹起
飄揚搖擺不定及 淡然的夕陽輝餘
僅抬頭仰望你的那閃爍閃亮的戀之模樣 「非常喜歡」

0 Comments

Leave a comment