無色

無色

作詞:上原あずみ

作曲:K's letters

編曲:徳永 暁人

唄:上原あずみ
いくら泣いても涙ってものは
決して枯れゆく事などないと知りました
この星空がこんな輝くのは
このどれかに君が居るからなのでしょう
君が居なくなった ねえ一人にしないで
目に映るものが 全て歪み始めてた

顔を上げれば空は広がり
星達は輝くけれど
星に手が届くはずない
どうしてこんな空は遠い
君に会いたい

この星空がこんな切ないのは
このどれかに君が居るからなのでしょう
君が居なくなった 何もかも無くなった
目に映るものが 全て色を失った

顔を上げれば空は広がり
星達は輝くいつも
一番大切な人とは
どうして一緒にいられない
君に会いたい

そろそろ日が昇る 街がざわめき出す
そして広がってく 無色の世界が

君と会わなければよかったと
後悔する日さえあった
そして今この世界から
星空に向かって飛び立つ
やっと会えるね


無論哭多少次流多少淚
都無法懂得這枯竭的感情

星空如此閃耀
這些無論怎樣都是因為有了你
若没有了你我一個人是做不了的
映在眼睛裡的東西全都開始傾斜了
仰望星空

星星多麼閃耀
可是手卻無法觸到星星
為什麼星空如此遙遠
想與你相見

星空是如此的不誠懇
這些無論怎樣都是因為有了你
假如没有你 就什麼也没有了
映在眼裡的東西全都沒了顏色
仰望星空

星星總是閃耀著
為什麼不能和最喜歡的人在一起
想與你相見

太陽快要升起來了 街上嘈雜了起來
然後無色的世界變大起來了
假如不見到你就好了
總有後悔的一天
然後現在從這個世界開始
向著星空飛去
終能與你相見

0 Comments

Leave a comment