Milk

ミルク Milk

作詞:マオ

作曲:御恵明希

歌:SID シド
それはひどく突然で
非常的突然

街角は漂う中身のない歌と 「さよなら」君に流し込み
街角飄蕩著沒有內容的歌 和你說的「再見」

南口は今日も汗の気配一つない ゆっくり すり足で溶けよう
南出口今天也不必擔心 慢慢的 悄然的消失吧

潤んだ瞳は乾いた風欲しがる 僕 欲しがったように
濕潤的雙瞳 渴望乾燥的風 我想要得到

「月曜日の朝は朝食とる気しない」薄化粧の君 不機嫌に綺麗
「星期一的早晨沒有心情吃早飯」淡妝的你 沉默寡言的美麗

見慣れた夢から目が覚めた後は 遠く 近く 君を想う
從熟悉的夢中醒來後 回想你 既遙遠又接近

詠えない詩人は書き留めた言葉 届けるだけができず
不會寫詩的詩人寫下的詩句 無法傳逹意義
月日ばかりが流れる
歲月匆匆流逝

カフェオレと呼ぶにはあまりにもミルクで 僕とは不釣合い覚え
既然叫做咖啡 加入太多的牛奶 會讓我覺得不相配

心地よい脱力 催促じゃないキス すべてが仕組まれた・・・とかね
感到四肢無力沒有要求接吻這一切 都是... 計算好的吧

自信って言葉は自分を信じると書く 苦手なほうじゃなかった
自信的話語寫下相信自己 並不是不擅長

「飾らない君がすき」粉々になって たった今の僕 着飾って踊る
說著「喜歡沒有修飾的你」 只是現在我 盛裝舞蹈

あの頃学んだ二つ三つなど 忘れる程の君の価値さ
那時學到的二三事 只能起到忘記你的作用

今頃になって溢れ出す言葉 届けることができず
現在說出的話 無法傳逹到

どこかで偶然とか 身近でレプリカとか
在哪裡偶然的 身邊的複製品

探すことに疲れ それでもすがって
厭煩了搜尋 即使如此仍然依靠

大袈裟ではなく 最愛は君で
不是誇張 我最愛的是你

二人で選んだこげ茶色のソファー 派手なマフラー 折れた傘も
兩人一起選的焦茶色的沙發 還有豔麗的圍巾和折傘

懐かしめる程強くはないけど 手放すことはできず
雖然不是擁抱的程度但還是無法放手

見慣れた夢の続きが見たくて 遠く 遠く 君を想う
繼續做著熟悉的夢 遠遠的 遠遠的 想著你

詠えない詩人は書き留めた言葉 届かぬ言葉 歌う
會寫詩的詩人寫下的詩句 歌唱著無法傳逹的話語

戻れない日々と生きる
想念著無法重現的每一天

0 Comments

Leave a comment