サナトリウム

サナトリウム

作詞︰有村龍太朗

作曲︰長谷川正

唄:Plastic Tree
目を閉じて、いろんな君、瞳の奥におさめました。
微熱みたく気づかないままで、恋は虫の息です。


こゝろ閉じて、いろんな僕、胸の中に溶かしました。
禁じられた遊びで燃やせば 孤独ってきれいな色。


回れ、止まらないレコード。針の先踊るは記憶。
うれしいくるしい、似てる呪文だ。辿れない時間へ、あと何センチ?


絡めた指をほどいていく、
ちいさくサヨナラ唱えるように。
はぐれた君の名を告げても、
戻らない世界の決まり。


風立ちぬ、甘い屑が数えきれず散らかりそう。
かき集めてパズルを作れば、恋も素敵なこと。


たくさんの光の中で、いくつも会えていたっけ。
合言葉だけなくさないで。巡り逢うところへ、あと何光年?


目眩で、夢の花開けば、
ゆっくりサヨナラ唱えるようで。
ざわめき。胸を囲まれたら、
何処にも行けないままで。


花束の花がひとつずつ、
枯れてくのを眺めているような。
触れないことにただ気づいて、
待ちこがれた涙が出た。


神様に嘘をついて、引き換えにさ、何もらったの?
指の隙間滑り落ちたのは、いつの日のことでしょう。


絡めた指をほどいていく、
ちいさくサヨナラ唱えた、声。
はぐれた君の名を呼んでも、
帰れない世界の決まり。


目醒めて、夢の花散らばれ。
愁しみも静かに、サナトリウム ------------ 。
ざわめき。 胸を埋めつくして、
此処から動けないままで。
何処にも行けないのは「こゝろ」
其処にいた君が笑うの。


サナトリウムで、サナトリウムで。 サナトリウムで。


閉上眼睛 把不同的妳 納入了眼底
就像感受不到的微熱般 渺無聲息的戀愛
閉鎖上心 把不同的我 溶入了心底
若燃燒那禁忌的遊戲 孤獨竟是那麼美麗的顏色


迴轉 止不住的唱片‧讀寫針頭上躍動的記憶
開心或苦痛 皆是近似的咒文‧ 距離無法追隨的時間,還有幾公尺?


逐漸鬆開纏繞的手指
彷彿細聲地唱誦著再見
嘈雜‧心若被錮禁
就這樣哪裡都無法前去
彷彿眺望著
花束裡的花一朵朵的枯去
就是牽掛著那刻意不碰觸的部份
苦等到淚流不已


對神說了謊 做為代價 所換來的是什麼呢?
從指縫中流逝的是,何時的歲月啊


逐漸鬆開纏繞的手指
細聲唱誦著再見的,聲音
就算說出早已離散的妳的名字
也決已回不去 這是世界的規則


醒來 夢裡花綻放四散
療養院中,連悲傷都沉靜地────
嘈雜‧埋沒了整個心
就在這裡一動也不動
哪裡都去不了的是這顆「心」
而妳就在那裏笑著


在療養院中
在療養院中
在療養院中

0 Comments

Leave a comment