空中ブランコ

空中ブランコ

作詩:有村竜太朗

作曲:長谷川正

唄:Plastic Tree
この手をつかんで 怖くないから
捉緊這手 不用怕的
何処までもずっと君を連れてくよ
無論到那裡我都會一直帶你去的啊
小さな傷跡 裂けて笑うけど
小小的傷痕 雖然破裂綻開起來
君が愛しくて何も感じない
因為愛戀著你 甚麼也感覺不到

夢のテント 映る影が重なる
夢幻的帳篷上 映出來的影子互相重疊 
ちゃんと僕が受けとめてあげるから
我會好好給你接住的了

ゆらゆら 揺れながら 僕らはただ求めてく
搖搖晃晃 我們一邊搖 一邊只在尋求下去
伸ばしている腕の向こうに君がいて
你就在我伸出的雙臂的對面 
離れて 近づいて 僕らはただ繰り返す
分離 接近 我們只在不停地重複
繋いでいた腕を放したら闇の中、
鬆開連繫著的兩臂之後往黑暗中, 
堕ちて――――――。
墜落───。

こぼれてくるのは 記憶の滴
墜下來的是 記憶的點滴
涙目 鈍色 悲しい見せもの
淚眼 暗灰色 悲哀的雜耍
耳をふさいでも響く笑い声
就算堵住耳朵也迴響的笑聲
世界が終わるまで愛をあげるよ
直至世界終結都會給你愛啊

ふぞろいでも 翼を手に入れたら
就算不齊全 若果可以得到翅膀
きっと僕ら上手に飛べるから
我們一定可以好好地飛翔的啊

ゆらゆら 揺れながら 僕らはただ喘いでて
搖搖晃晃 我們一邊搖 一邊只在喘息
伸ばした手の先で君がほら笑ってて
我伸出的雙手的前面,看,你在笑著
傷つけ 舐めあって 涙がまたこぼれたら
受傷 互相舔傷 如果眼淚又再溢出來
絡めていた指がほどけてゆっくりと、
將緊扣著的手指鬆開慢慢地
堕ちて――――――。
墜落───。

ゆらゆら 揺れながら 僕らはただ求めてく
搖搖晃晃 我們一邊搖 一邊只在尋求下去
伸ばしている腕の向こうに君がいて
你就在我伸出的雙臂的對面 
離れて 近づいて 僕らはただ繰り返す
分離 接近 我們只在不停地重複
繋いでいた腕を放したら闇の中
鬆開連繫著的兩臂之後在黑暗中

ゆらゆら 揺れながら 僕らはただ喘いでて
搖搖晃晃 我們一邊搖 一邊只在喘息
伸ばした手の先で君がほら笑ってて
我伸出的雙手的前面,看,你在笑著
傷つけ 舐めあって 涙がまたこぼれたら
受傷 互相舔傷 如果眼淚又再溢出來
絡めていた指がほどけてゆっくりと、
將緊扣著的手指鬆開慢慢地
堕ちて――――――。
墜落───

0 Comments

Leave a comment