OZONE

OZONE

作詞:智

作曲:Tohya

唄:vistlip


天の川浮かぶ绝望の丘
冷めた风がまたストール靡かせた
"年に一度きり" どんな気持ちだ
置き换えただけで涙溢れた
「どうか今宵こそは会わせて下さい」
彗星に驰せた想いは焦がれた
约束をした待ち合わせ场所
「相変わらずだね」 昙り空の地下
星が无いなら星になればいい
寄り添い合いながら 响き合いながら
「行かないで」「许すまで」
アルタイルとベガの様に
昨日より君を好きでいたいな
催涙雨止む顷 カササギよ桥を架けて
仆等を繋いで


天の川浮かぶ背の低い丘
见渡す景色は想像と违う
あの顷と比べ前に进めた?
答えはNOじゃない だけど足りない
意地悪な"神"が仆等を试すんだ
空席を埋めて次のステージへ向かおう
「どんな関系?」なんて闻かれたら
友达以上かな…それも少し违うか…
"绊"と云う言叶が相応しい
喧哗し合いながら 分かち合いながら
「もう大丈夫?」「まだ无理」
こうしていてあげるから
明日も笑えたらいいな
辛くて辛くて 何时死ぬかわかんない
だから我が尽なスピカ

星に"愿い"じゃなく"誓い"をto the Milkey Way
闻いてモノローグ
「これから先何年も一绪」だと
只其れだけ云いたい一言
swear forever repeat forever


约束をした待ち合わせ场所
「相変わらずだね」 昙り空の地下
星が无いなら星になればいい
马鹿にし合いながら 响き合いながら
「ねぇ今何処?」「地球ん中」
宇宙飞行士じゃないから
オゾンより下なら问题无い
「わかってる、すぐ行く」
朝まで騒ぎたいのでしょう
大切な居场所で


在銀河漂浮的絕望之丘
冷風又一次吹動了圍巾
"一年只有一次" 會是怎樣的感覺呢
只是替換 便已流下了眼淚
"今晚請一定要在那個地方與我相見"
奔向慧星的熱切思緒
定下約定等候見面的地方
"一點也沒變呢" 在陰天天空下
若是沒有星星就成為星星就好了
一邊互相靠近一邊對對方發誓
"別走" "請答應我"
像牛郎星和織女星一般
想讓自己比昨天更愛你
催淚雨停止時 喜鵲啊 位我們架起橋樑吧
將我們連接

在銀河上浮著低矮的山丘
眺望到的景色 和想象中的不同
與那時候相比 有些進步吗?
答案並不是NO 但還是覺得不滿足
壞心眼的"神"給我們考驗
把空位填滿再迎向下一個舞台
"是怎樣的關係呢" 被這樣問到
友達以上嗎 但那也有些不同
只能用"羈絆"這個詞來形容吧
ㄧ邊吵架一邊互相分享
"已經不要緊了吧?" "還是你在勉強呢?"
我已這樣待在你身邊
明天也可以笑著就好了
很艱辛很艱辛 不知道何時會死去
所以當一顆任性的一等星

不是向星星許願 而是向星星發誓發誓To the milkway
請聽聽我的獨白
"從今以後不管多少年都在一起"
我只想說一句那樣的話
swear forever repeat forever

"嗨,現在在哪裡呀?" "在地球裡頭啊"
因為都不是航天員
在臭氧層下就沒問題了
"知道了知道了,馬上就去啦"
想這樣一起打打鬧鬧到天亮
就在那個重要的居所

0 Comments

Leave a comment