雪の降らない街

雪の降らない街

作詞:小渕健太郎

作曲:小渕健太郎

唄:コブクロ
「キライだよ。冬は寒いから。」と 話す君に
「今年から、冬が好きになる!」と あげたコート


そでを通したり 床に広げたり はしゃぐ笑顔
連れて部屋を出れば


白い冬が街に降りて来た
雪の降らない僕等の街に
二人 手と手を重ね見上げた
空一面の粉雪


三月の風が窓のすき間 光る頃に
少しずつ 片付けたこの部屋 広いんだね


二つずつの物が一つになれば
心さえも いつか一つずつに


そっと笑いかける君の顔
今は小さなフレームの中
壁にもたれたレコードの裏
戻らない時の記憶


ざわめく夏が 色づく秋をこえて
やりきれない静けさの中で 曇る窓に君想えば…


白い冬が街に降りてくる
壁に並んだ二つのコート
そでが重なり まるであの日の
僕とあなたの様です


いつも同じ言葉で結んだ
届くはずの無いこの手紙を
今日も机の奥にしまった
出来る事なら今すぐ
この冬空を駆け抜け
あなたに会いに行きたい


你說"因為冷 所以討厭冬天"
"今年 你會愛上冬天"因為送你的外套

你開心地在床上亂滾
拉著我就要出門

白色的冬天降臨大地
來到我們不下雪的城市
二人 手牽著手向天空望去
那一端細細的粉雪

三月的風從窗隙 連光一起瀉進來
一點一點整理後的房間 看起來更大了吧

各自使用的兩樣東西 可以變成一種的話
二顆心 也很快會成為一體吧

小小像框中的你
輕輕的笑著
壁櫥的唱片裡
有挽不回的記憶

繽紛的夏 還是勝過多色的秋
無止境的安靜中 望著窗外的雲 想著你

白色的冬天降臨大街
櫃子裡並列的二張唱片
還是緊緊相依
就像當時的我和你一樣

一直都是用同樣的話語結束
那封寄不出的信
依然收在抽屜的深處
如果現在還有什麼可以做的
就是穿越這個冬天
我要去見你

0 Comments

Leave a comment