初音ミクAPPEND ラセンナワタシ

初音ミクAPPEND ラセンナワタシ

作詞:NiR-Gerda

作曲:NiR-Gerda

編曲:NiR-Gerda

唄:初音ミク
戻りたかったんでしょ?いつも悔やんだ顔してる
自分で決めた道なんでしょ?寂しいのも分かるよ
一人孤独に打ち勝ってくのも否定はしないけど
手を貸してくれる人も視界に映っているんでしょ?


諦めたはずだったのに 結果は出ていたのに
歳と共に口煩くなるトモダチに挟まれたワタシ
紅茶の渦に消えたユメ
ミルクより甘い味だったから
少しあなたのお口には合わなかったのかしら 


何度も繰り返すラセンのよう
見上げる夜空には無数の星
ワタシもいつかは輝けるのかな
宇宙(そら)の彼方に消えないように


階段を駆け上がった先には何がワタシを待ち受けているの?
今は傷ついても構わない
痛みを嫌うより生きた証を残したい


何でも繰り返しな生き方をしているラセンナワタシだけど
胸の光はまだ生きているの
繰り返しても前には進んでいるから


螺旋狀的我


想要回到過去了吧?總是露出懊悔的表情
是自己決定的道路吧?會寂寞也是能理解的
雖然不能否定一個人也能在孤獨中取得勝利
但伸出幫手的人不是正映照在眼簾之中嗎?


明明應該放棄了的 明明結果已經出來了
被夾在愈是長大愈是挑剔的朋友之間的我
消失在紅茶漩渦裡的夢
有著比牛奶更甜的味道 所以
大概會有點不太合您的口味吧


就像是一次次旋轉往復的螺旋
抬頭仰望的夜空中是無數繁星
總有一天我也能散發出光芒嗎
像是不會消失在宇宙彼方一般


跑上台階之後那前方會有什麼翹首等待著我嗎?
如今就算受傷也沒有關係
雖然討厭疼痛卻更想留下活過的證明


雖然是這不斷反復著一切生活下去的螺旋狀的我
心中也依然寄宿著光芒
即便是循環往復也是在向前行進著呢

0 Comments

Leave a comment