Railroad Crossing

Railroad Crossing

唄:GUMI+巡音ルカ
黄昏に 沈み行く 色褪せた街
傾いた 夕日が 陰を伸ばす
道端の 白線を 踏みながら
踏切の 警報 鼓膜を揺らす

二人の間に 下りた遮断機
重なる視線 すれ違う心
二人 もう少し 優しかったら
傷付く事も なかったのにね。

呟いた言葉は 風にかき消されてく
囚われた雨が 頬を伝う
届かない背中は 夜の街に消えて
伸ばしたその腕は ただ空を切る

無関心 装った 風景を
冷ややかに 眺めて 溜め息一つ
道端の 石ころを 蹴りながら
うつむいて歩く ひとりぼっち

二人の世界を 横切る線路
憂鬱な時間 「なんで?」 問いかける
使い古された 繕う言葉
耳に届いても 心動かない

新しい明日は 手の届かない場所に
失った日々が 視界閉ざす
紡いだ想い出は 今は涙とともに
最後の花びらが ただ舞落ちる

新しい明日は 手の届かない場所に
失った日々が 視界閉ざす
紡いだ想い出は 今は涙とともに
最後の花びらが ただ舞落ちる

新しい明日は 既にこの手の中に
失った日々が 瞼(まぶた)彩る
紡いだ思い出は いつか笑顔と共に
大切な記憶に なりますように



沉沒於 黃昏的 褪色街道
傾斜的 夕日將 陰影拉長
往路旁 的白線 悄悄踩踏
平交道 的警報 動搖鼓膜

在兩人之間 降下的柵欄
重合的視線 卻交錯的心
兩人 如果都能 更溫柔一點
也不會互相 傷害對方了吧。

喃喃的語句 散於風中消失
坐困的雨點 滑過面頰
無法觸碰的那背影 消逝於夜晚街道
向前伸去的那雙手 不過劃過了虛空


看著假作 不關心 的身邊風景
冷冷地 淡然凝望 吐出一嘆息
將路旁 的小石子 隨意踢飛
頹然垂首而步去 獨自一人

將兩人世界 橫越的電話線路
憂鬱的時間 「怎麼了?」 如此問道
說得太多次的 修飾的言語
就算傳到耳裡 也不再動心

嶄新的明日 遠在碰觸不着的地方
失卻的日子 閉鎖了視界
織畫的回憶 如今伴隨著眼淚而落
最後的花瓣 不過飛散於空中而落


嶄新的明日 遠在碰觸不着的地方
失卻的日子 閉鎖了視界
織畫的回憶 如今伴隨著眼淚而落
最後的花瓣 不過飛散於空中而落

嶄新的未來 已在這雙手中
失卻的日子 彩繪眼瞼之上
織畫的回憶 總有一天會伴隨笑容
成為珍貴的記憶

0 Comments

Leave a comment