つないだ手

つないだ手

演唱:Lil'B

作詞:AILA 

作曲:黒光雄輝
巡り巡ってもまたここで逢いたい
はぐれないようにこの手をつなぐんだ

朝日が昇るまで語り合ったね
夕陽が沈むまでつないだ手
こうやって明日も明後日も共に歩もう光と影

キミはその胸に何を抱え
どんな世界にいたんだろう
今思うよ
寂しげに見つめる街の中で
温もりはひとりじゃ見つからなくて
愛がこんなに強さになること
知ったんだ
キミに出逢えてはじめて

巡り巡ってもまたここで逢いたい
はぐれないようにこの手をつなぐんだ
一人じゃ眠れない 夢は見れないから
どんな不安も届かないところへ
星のない夜も照らし続けよう

何処までも行けるキミとなら
一人じゃ歩けない道も二人なら
鼻歌歌いながら歩けるんだ
キミがいれば幸せ

もしも二人が出逢ってなかったなら
たくさんの幸せを見逃してた
不安なときはぎゅっとしてくれたね
明日を見失いそうな人ごみの中
愛が苦しい一人の時間は
寂しさをごまかす術を忘れてた

何度もこの手をつなぎ直しながら
どんな道だって一緒に歩くんだ
一人じゃ叶わない夢を描いたなら
キミと二人で叶えに行くんだ
キミと半分一つの幸せ

ぶつかりそうなくらい 人多い土曜日
見失いたくないキミの存在
この時2倍に力入ってる手に
感じた温もりと愛 no more cry
褪せたジーンズのポケットで光ってる
キミの携帯 気付かせたくない
黙り込む私の中の小悪魔
ただキミがいないと嫌だから・・・
何かが奪い去りそうで怖い
「大切な人」と繋がってたい
想いは誰にも負けない
そう この街に嫌われるくらい手をつなごう

弱虫なほど強がってしまう
でも無理だよ・・・泣いてもいいかな?
秋の風 もうすぐ出逢った季節
あの頃の私は愛を探してた

巡り巡ってもまたキミに逢いたい
はぐれないようにこの手をつなぐんだ
一人じゃ眠れない 夢は見れないから
どんな不安も届かないところへ
一人じゃ叶わない夢を描いたなら
キミと二人で叶えに行くんだ
キミと半分一つの幸せ


走遍了千山萬水 還是想在此相逢
緊緊牽住我的手吧 如此才不會在人群中走散

曾經彼此傾訴直至朝陽升起
彼此緊牽著手直到夕陽沈落
明天後天也這樣共同走過吧 像那光與影

你的心中究竟在想什麼
身處何種世界
現在的我想著這些事
凝視著街道忽然覺得有些落寞
孤單一個人何來溫暖
愛可以讓人如此堅強
直到邂逅了你 我才察覺

走遍了千山萬水 還是想在此相逢
緊緊牽住我的手吧 如此才不會在人群中走散
孤枕難眠只因無法看見夢想
請帶我遠離所有的不安
照亮這沒有星辰的夜晚

如果和能夠去任何地方的你一起
無法獨自行走的道路 如果兩人一起
就能夠哼著歌走下去
有你在 就是幸福

如果我們沒有相遇
會錯過這麽多幸福
不安的時候將我緊緊擁住
在即將迷失明天般的人群之中
爲愛獨自苦惱的時光裏
我忘記了蒙騙寂寞的魔法

不停地重新緊牽彼此的手
怎樣的道路 都一起走下去
獨自描繪夢是無法實現的
若是和你在一起的話 便能夠實現
和你在一起就有一半的幸福

互相推擠熙攘的週六
怕你會迷失在人群中
此時用2倍力氣的手中
所感覺到的溫暖和愛 no more cry
褪色牛仔褲口袋裏 發光的
你的手機 我不想去在意
沈默的我 心中的小惡魔
只是討厭你不在我身邊
好像被奪去什麽般恐懼
想和“最重要的人”緊緊在一起
是的 要在這街上
會被討厭那樣地緊握著你

像個膽小鬼一樣地逞強下去
但是不行啊……我可以哭的吧
秋日的風 訴說了即將到來的季節
那時的我 一直在尋找著愛

走遍了千山萬水 還是想在此相逢
緊緊牽住我的手吧 如此才不會在人群中走散
孤枕難眠只因無法看見夢想
請帶我遠離所有的不安
獨自描繪夢是無法實現的
若是和你在一起的話 便能夠實現
和你在一起就有一半的幸福

0 Comments

Leave a comment