番凩

番凩

作詞:hinayukki(仕事してP)

作曲:hinayukki(仕事してP)

唄:MEIKO/KAITO
かわいた木枯らし そよそよと
かわいた木の葉は ひらひらと
相見える日を 待ちながら
刻を数え歩く
綴る言の葉に 彩られ
紅く色めき 刹那に踊る
紅葉一枚 手の平に滑り
語るは…
焼けた故郷に 別れを告げて
木の葉の手に引かれ 走り去る
未だ見ぬ未来への 不安など
感じる暇など ありもせず

かわいた木の葉は ひらひらと
かわいた木枯らし そよそよと
繋いだ手と手を 離さずに
刻を数え翔ける
普くヒトの命 背負い
その小さき手で 何を紡ぐ
ほんの微かな 綻びに
死ぬるこの世で
信ずる道を  ただひたすらに
歩むお前の 支えとならん
紅の剣を 携えて
この身 木の葉と 吹かれて行こう

戦ぐ風となりて 数多の癒しとなり
生きとし生ける この世の者への追い風とならん
紅、黄金に 彩られ
揺れる樹々たち 横切りながら
枯れ葉 共に 道連れに
翔け抜ける 木の葉と つがゐこがらし
擦れさざめく 木の葉と共に
翔ける一陣の 風と共に
留まる事なく 直走る
かわいた唄と つがゐこがらし

對霜風


乾冷西風 微微吹動 
枯萎葉片 隨風飄零
等待相見之日 並數以漏刻而行
被妝點上 成詩其葉
焰紅躍起 剎那飄舞
一片紅葉 自掌心滑落


訴說之是...
訣別焚毀故鄉
憑藉落葉趨向所引 星行奔馳離去
不見將來憂往何方 片刻所感亦無


枯萎葉片 隨風飄零
乾冷西風 微微吹動
執子之手不分離 數以光陰飛馳過


身負天下蒼生之命 
用那般纖細手腕 將欲交織出何物
僅滄海微塵破綻 亦唯恐終結世局
唯顧所信道路 相助前行之汝 
手攜赤紅劍 此身同葉吹拂而行


化為苒弱搖風 化為眾多寬慰
作為生年在世
成為沐浴世間萬物 順風而呼亙古追隨


被妝點上 焰紅金黃
穿越搖曳不定 林木蕭森
道以枯葉為伴 馳騁葉片與共 
對霜風


與沙沙作響落葉同歸 與翱翔陣風並起 
毋須停頓 疾步往前奔馳  
伴隨枯涸赴曲
對霜風

0 Comments

Leave a comment