雪蛍

雪蛍

作詞:有村竜太朗

作曲:有村竜太朗

唄:Plastic Tree
「雨ときどき雪」 「愛ときどき嘘」

「雨時而雪」「 愛時而謊言」

東京の冬は天気予報よりも寒くて

東京的冬天、比天氣預報的還要寒冷些

口癖の真似はまだとれないまま

模仿你說話的語氣可是依然不像

一緒だったって証拠探す僕がいるよ

搜尋曾經在一起證據的我這樣存在著

こぼしたため息 想いがつまったように

溢出嘆息 思緒想是要自由一般的匯聚

ふわり うかんでいく

輕輕地、飄浮著

雪が降る前に君に会いたい

在下雪之前我想見你

まぶた閉じるたび 君が泣いて

閉上眼睛 你在哭泣

暗闇で蛍みたい

宛如暗夜中的螢火蟲

光ったら いつか消えた

閃著微光 然後突然消失

寒がりな君は 今頃どこかで

怕冷的你 現在說不定在什麼地方

切れぎれの笑顔 うかべながら 雨を見てる

看這場雨 臉上浮現笑容

忘れても悲しい  願っても苦しい

忘記了悲傷 希望是痛苦的

明曰にはきっと街は全部 白く変る

明天這城市 一定 是一片純白了吧

同じ時間ゆらいで よせていた頬が

同樣的時間、搖曳著 曾經靠著的臉頰

ひとり 冷たい

獨自寒冷

冬が心を磨いていくよ

冬天把新漸漸消磨了

まぶた閉じるたび 追いかけていく

閉上眼睛的時間裡 追尋著你

暗闇に雪が舞って

黑暗裡雪花飛舞

悲しいほど きれいだった

美的叫人悲傷

雪が降る前に君に会いたい

下雪之前我想見你

まぶた閉じるたび 君が泣いて

閉上眼睛 你在哭泣

暗闇で蛍みたい

宛如暗夜中的螢火蟲

光ったら いつか消えた

閃著微光 然後消失不見了

そして 雨が雪に変ってく

然後 雨變成雪了

あふれる思い出さえ凍えそうで

甚至連滿溢的回憶也彷彿結成冰了

届かない 僕の声も

無法抵擋 就連我的聲音

届かない 伸ばしたて手も

無法抵擋 伸出的手摸不到

ずーとーーーーーー

永遠...

0 Comments

Leave a comment