鳥の詩

AIR-鳥の詩
鳥之詩
唄-Lia
消える飛行機雲 僕たちは見送った
眩しくて逃げた いつだって弱くて
あの日から変わらず
いつまでも変わらずにいられなかったこと
悔しくて指を離す

あの鳥はまだうまく飛べないけど
いつかは風を切って知る
届かない場所がまだ遠くにある
願いだけ秘めて見つめてる

子供たちは夏の線路 歩く
吹く風に素足をさらして
遠くには幼かった日々を
両手には飛び立つ希望を

消える飛行機雲 追いかけて追いかけて
この丘を越えたあの日から変わらずいつまでも
真っ直ぐに僕たちはあるように
わたつみのような強さを守れるよ きっと


あの空を回る風車の羽根たちは
いつまでも同じ夢見る
届かない場所をずっと見つめてる
願いを秘めた鳥の夢を

振り返る灼けた線路 覆う
入道雲 形を変えても
僕らは覚えていて どうか
季節が残した昨日を

消える飛行機雲 追いかけて追いかけて
早すぎる合図 ふたり笑い出してるいつまでも
真っ直ぐに眼差しはあるように
汗が滲んでも手を離さないよ ずっと

消える飛行機雲 僕たちは見送った
眩しくて逃げた いつだって弱くて
あの日から変わらず
いつまでも変わらずにいられなかったこと
悔しくて指を離す


我們目送消失的飛行航跡

因為耀眼而避開了

不知何時有的脆弱

從那一天起未曾改變

但不會有永恆不變這一回事

雖然後悔 但我還是放手了



那隻小鳥還飛的不穩

但他總能察覺風何時掠過

到不了的地方還在遠處

只求你偷偷看著就好



孩子們走在夏日的鐵軌上

流風輕撫著他們的赤腳

送走了遙遠的孩提時光

懷抱的希望也隨風而去



我們追了又追的飛行航跡

從越過這山丘後就始終不變

簡直像是我們依然如故

一定能堅守像海神般的堅強



在空中迴轉的風車旋翼

永遠都在追尋同樣的夢

一直凝視著到不了的地方

求你實現小鳥深藏的夢吧



回顧灼熱的鐵軌

即使籠罩他的積雨雲改頭換面

希望我們仍然記得

季節所殘留的昨日



追了又追的飛行航跡已失

總是為了太早打的暗號而彼此大笑

就像筆直的眼神般

就算汗浸濕了手也不鬆開 一直緊握著



我們目送消失的飛行航跡

因為耀眼而避開了

不知何時有的脆弱

從那一天起未曾改變

但不會有永恆不變這一回事

雖然後悔 但我還是放手了

0 Comments

Leave a comment